So-net無料ブログ作成

野菜の「色」が持つ凄い効果☆ [女子力]

野菜ってとてもカラフルですよね。
実はカラフルなのにも理由があるってご存知でしたか?

0.jpg

スポンサードリンク




赤い野菜の効果 【赤パプリカ、トマト、スイカなど】

・抗酸化作用が強いです。
抗酸化作用には、生活習慣病の原因となる活性酸素をなくしてくれる作用があります。

・油で炒める、煮込むなどすると、体内への吸収が良くなります。

・美白、美肌になります。

緑の野菜の効果 【小松菜、ブロッコリー、ほうれんそうなど】

・生のままか軽くゆでて食べるのがおすすめです。

・クロロフィルが含まれているので、殺菌効果や造血作用、健胃作用があります。

紫の野菜の効果 【さつまいも、なす、赤しそなど】
・ジュースやスープにするのがおすすめです。

・アントシアニンを含んでいるので、目の疲労回復、白内障の予防に効果的です


【生野菜サラダをおいしく食べるには】

スポンサードリンク




生の野菜がどうも苦手…そう感じている方、けっこう多いんじゃないかと思います。
私も、生の野菜は苦手でした。
特にトマト、長い間食べることすらできませんでした。

そんな私が生野菜サラダを食べるようになったきっかけは「シーザードレッシング」です。
シーザードレッシングがおいしくて、私は生野菜サラダを好きになりました。

ですから、生野菜サラダが嫌いという方には是非、おいしいドレッシングを探すことからスタートしていただきたいなと思っています。
そのうち、どんなドレッシングでも生野菜サラダを食べることができるようになるかもしれません。

スポンサードリンク


タグ:野菜 効果
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。